フランチャイズに加盟するメリットとは

フランチャイズに加盟するメリットとは

フランチャイズに加盟するメリットについてまとめています。脱サラ後にフランチャイズ加盟を検討している方のために、フランチャイズビジネスがどのようなものなのか、なぜその仕組みが成り立つのかを紹介します。

フランチャイズのメリットとは

フランチャイズ

フランチャイズは本部と加盟者(加盟店)によって成り立つビジネスモデルです。簡単にいうと、すでに店舗経営に成功している本部が、その店舗名や成功ノウハウなどを加盟者に共有する代わりに、加盟者が本部にお金を支払うことで両者に利益が生み出せる方法です。
この場合、加盟者は本部の社員という位置づけではなく独立した事業者として店舗経営を行いますので、本部と加盟者は別の会社で働いているにもかかわらず同じ名前の店を持つことになるんですね。

契約内容によって違ってきますが、一般的には加盟者の売上の一部が毎月本部に支払われます。
よって、本部にとっては定期的に安定収入が見込めるメリットがあります。

加盟店からすると、本部が持っているノウハウや仕入れなどの流通経路、商品開発や接客方法、そしてなんといっても知名度のある店名を自分の店に掲げることができるので、未経験でも自分の店舗を持って軌道に乗せやすくなるメリットがあります。
また、店舗の経営自体は自分の権利で行えるので、本部に支払った金額(=ロイヤリティ)の残りの分は自分の手元に残る点も魅力ですよね。頑張れば頑張るだけ手取りが増えることになるんですから。

デメリットってあるの?

ブランド価値

では本部にとっても加盟者にとってもメリットだらけかというと、必ずしもそうとは限りません。

加盟者にとってのデメリットを上げるとすると、本部が介入することで自分のビジネスの自由度が少なくなることが挙げられます。
本部としてはそれまで培ってきた自店舗のブランド価値を維持向上したいので、加盟店に勝手なことをされてブランド価値を下げられたくないんですね。
そのため、もともと自分の思うようにビジネスがしたくて独立したいという人にとっては、本部が定めたマニュアルや仕様などに従わなければならないことに不満を感じることがあるかもしれません。独立したにもかかわらず「雇われ店長」のような状態に陥ることがあるからです。

逆にいうと、本部のデメリットとしては加盟店が自己判断で動いたことによって商標・ブランドの価値を下げられてしまう可能性が挙げられます。
実際にあった話ですが、ある大手のコンビニチェーン店でオーナーが病欠のアルバイトから罰金を徴収していたとのことで労働基準法違反が発覚しました。
さすがにこの時は本部から店舗に指導が入り、オーナーからアルバイトに罰金分の返金が行われたようですが、そのコンビニチェーンのブランドイメージは傷ついたでしょう。

各部門人気ショップ