フランチャイズで失敗するケースとは

フランチャイズで失敗するケースとは

フランチャイズで失敗するケースとはどのようなものがあるのでしょうか。フランチャイズ加盟にあたって起こりうる代表的なトラブルについて紹介します。

予想よりも売上が伸びないケース

売上計算

フランチャイズ加盟後に失敗するケースとしては、やはりいざ自分で店舗運営を開始してみたところ、予想よりも集客ができなかったり客単価を上げられなかったりして売上が伸びないケースです。

フランチャイズ加盟にあたっておそらくほとんどの方が資料請求や説明会への参加を行うと思います。
そこでは収支のシミュレーションのイメージや成功事例が提示されると思いますが、フランチャイズ加盟後に失敗する人で多いのは、そのデータを鵜呑みにしてしまうケースです。

結局のところ、フランチャイズ募集に出ている広告などの情報を鵜呑みにし過ぎずに自分でしっかりと調査して確かめておくことが大切だということです。当たり前といえば当たり前なのですが。
また、それまで本部の直営店やそのフランチャイジーが店舗運営に成功しているからといって、その過去の実績を信じたり本部に頼りすぎたりしないことです。
フランチャイズは本部の看板を自分の店舗に掲げられるメリットがありますが、結局はその店舗の経営者は自分です。最悪な場合は、借金が残って自己破産、そして家庭崩壊という末路が待っている可能性があることも忘れてはなりません。

本部のいうことを聞かない

わがまま

フランチャイズ加盟をしたにもかかわらず、そのフランチャイザーの価値を生かしきれないオーナーが居ます。簡単にいうと、本部のいうことを聞き入れないケースです。

本部は経営のノウハウをフランチャイジーに共有していますが、それに聞く耳を持たずに自己流でやろうとすると失敗することが多いです。
本部は本部として、フランチャイジーの店舗運営を成功させることをミッションに掲げています。
そのため、過去に培ってきた店舗運営ノウハウのデータを豊富に持っています。
それを軽視して自己流で店舗運営をしたいのであれば、そもそもフランチャイズではなく完全に独立して店舗を持つべきです。

また消費者の目線で考えてみるとわかりますが、消費者はそのオーナーの店舗に行きたいというよりは、その看板が掲げられている店に行きたいと思っている人が大半です。
本部のブランド(看板)を背負っている以上、消費者からはそのブランドのイメージで見られていることを忘れてはいけません。

自分のこだわりを持ちすぎて話題やトレンドに関心がない

ハッシュタグ

ただしアレンジを推奨しているフランチャイザーもいます。地域によってニーズが異なる業態であればなおさらなのですが、やはり本部としても仕様や規格をある程度は定めているものの、最優先事項としては「その地域の住人に受け入れられるかどうか」の方が重要だったりするからです。
そのため、基本となる接客方法やグランドメニュー・サービスプランなど最低限のみを一律にして、その他の部分に関しては自由に判断して動いても良いことにしているフランチャイザーもあります。極端な例では店舗名もアレンジして良い場合もあるんです。

極端な例ですが、海沿いのコンビニと山中のコンビニでは商品のラインナップや陳列方法は変えるべきですよね。海辺と山中ではそこを通りかかる消費者のニーズが異なるからです。その場合、海沿いのコンビニにはレジャーグッズなどが目立つ位置に多く陳列されていることがありますし、山中のコンビニでは軽食や虫刺され対策グッズ、ドライバーのための眠気覚ましグッズなどが並んでいることが多いと思います。

これは季節によっても同じことが言えて、近所でなにか催し物があればそれに合わせて商品を展開してもいいですよね。

つまり、いまこの商圏の人にはなにが求められているのか、数日後になにを求めようとしているのかトレンドを先読みする情報収集能力が非常に重要になってきます。

各部門人気ショップ