うまくいくフランチャイズ業者の選び方

うまくいくフランチャイズ業者の選び方

フランチャイズ業者の選び方について参考になりそうなポイントをまとめてみました。フランチャイズを選ぶ際には業種と業者を選択する必要がありますが、失敗しないためには何に気をつければいいのでしょうか。

本部のサポート力

本部

フランチャイズ加盟のメリットは、未経験者でも自分の店舗を持ち、しかも経営を成功させられる可能性が高まる点にあります。
そこで重要なこととしては、やはり本部のサポート力がどの程度あるのかが挙げられます。

自分の店舗を持つということは、

  • 接客力(顧客とのコミュニケーション能力)
  • 提供するサービス、商品の品質を一定以上に保つ技術力
  • 利益を生み出すための経営者的決断力
  • スタッフの教育、人員配置のマネジメント力
  • 現場の人間をまとめるリーダーシップ
  • 出店ノウハウ(出店エリアの選定)
  • 店舗デザイン、内装設備の知識
  • 広告宣伝(集客)

などさまざまな知識やスキルが必要になってきます。

なにも経験が無い状態でこれらを身に着けつつ店舗を軌道に乗せるのはなかなか難しいですが、本部のサポート力が高ければこれらを着実に身に着けていき、自分の店舗を持った後も的確にアドバイスをしてくれます。

逆に、もしもフランチャイズに加盟を考えているのであれば最低限これらの項目に関してはチェックをして契約を検討しましょう。
名のしれたフランチャイズ本部であれば、開店前に一定の研修期間を設けてその中でしっかりと上記の知識やスキルを身に着けさせたりしてくれます。

一般的にフランチャイズ契約を結んだあとは、スーパーバイザー(SV)という本部のスタッフが店舗をまわり、経営状態などを確認した上で的確なコンサルティングをしてくれます。

また、それとは別で大手学習塾のトライグループや大手コンビニチェーンのセブンイレブンでは、本部が莫大な広告宣伝費をかけてブランドの認知度と価値を高めてくれるおかげで、店舗単位で広告宣伝を行わずに集客が可能になることがあります。これも本部のサポート力の一つです。

ロイヤリティは慎重に比較する

フランチャイズ経営をする上でよく出てくるワードとして「ロイヤリティ」があります。 フランチャイザー(本部機能)の知名度、ブランドイメージ、経営のノウハウを、フランチャイジー(加盟店)に提供することによって、売上の一部から本部に支払うお金のことをいいます。

私自身の事例で例を挙げるのであれば、ミニストップ(フランチャイズ)のブランド価値を借りて、加盟店として私が運営(フランチャイジー)しているので、売上の一部をミニストップに支払う、という仕組です。売上からどれくらいの割合で支払うかは最初の契約で決められる場合がほとんどです。

ロイヤリティ

これも契約内容によって変わってきますが、加盟者の店舗の売上が増えれば増えるほど本部に支払うロイヤリティの利率が増えていくことがあります
どういうことかというと、たとえば月の粗利が500万円の時は10%、1000万円の時は15%を本部に支払うといった形です。

10%で一律だった場合は100万円の粗利に対して10万円を支払えば済んでしまいますが、15%になると15万円を支払わなければならなくなり、5万円も多くロイヤリティとして徴収されることになります。
1ヶ月で考えると微々たるもののように思えてしまいますが、年間で考えると60万円の差が生まれてしまいます。
フランチャイザーによっては定率でのロイヤリティを設定していたり、基本は流動利率にして一部を固定の利率にしている場合もありますので、自分がなにを優先してどう売上を伸ばしていきたいのかをよく考えて見たほうがいいでしょう。

各部門人気ショップ