フランチャイズと起業、どっちが儲かるの?

フランチャイズと起業、どっちが儲かるの?

フランチャイズと起業ではどちらの方が儲かるのかについてまとめています。脱サラして独立をする際に、本部の力を借りつつフランチャイズ経営をするのか、それとも完全に自力で一から企業を立ち上げるのかという選択肢があります。どちらが儲かるのか見てみましょう。

フランチャイズ vs. 起業!それぞれのメリット・デメリットとは?

フランチャイズ、起業どちらを選んだとしても、それぞれのメリット・デメリットはあります。それを踏まえた上でどちらの道を選ぶのか考えましょう。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット・デメリットについて簡単にまとめています。

メリット
  • 未経験でも加盟可能
  • フランチャイズ本部のブランド力を生かして集客できる
  • 運営ノウハウなどの経営指導を受けられる
  • 銀行からの融資を受けやすい
デメリット
  • 開業資金を抑えられる
  • ブランド力があるからこそ、グループ全体で不祥事が発生したら打撃を受ける
  • 本部の方針に従わなければならず、独自性を出すことが難しい
  • 一定のロイヤリティを必ず本部に支払わなければならない
  • 契約期間が存在する

フランチャイズの最大のメリットは本部のサポートを受けられることです。
会社から独立して何か新しい事業を始めることは、誰にとっても初めての経験で素人同然です。なので本部から運営指導を受けられるのはとても心強いことです。開業までもそうですが、実際に開業して事業を軌道に乗せるまでが難しく、苦労する人も多いので、多くの場合は開業にも研修やセミナーを設けたりなどのアフターサポートもしてくれるのでとても安心です。また、本部のブランド力をしようできるので、集客がある程度見込めます。

フランチャイズのメリット・デメリット

しかし、ブランド力があるということは何か不祥事が発生した場合には大打撃を受けてしまうのがリスクでもあります。これらの不祥事が仮にあなたの店舗で発生したことではなくとも、グループ全体としての社会的信頼を失うことになるので、あなたの経営にも大きく影響を及ぼすことは覚えておきましょう。

またロイヤリティで多くの収益を本部に支払わないといけないのもデメリットです。ロイヤリティは本部との契約に基づくものなので金額にばらつきはあるものの、一定の金額を支払わなくてはなりません。経営状況がよくないから免除、といったことも当然ないので、売上がとれていない場合にはかなりの負担になります。

起業のメリット・デメリット

起業のメリット・デメリットについて簡単にまとめています。

メリット
  • 自分のやりたいことが自由にできる
  • 定年退職がないので、働き続けることができる
デメリット
  • 失敗したら全て自己責任
  • 収入が不安定
  • 社会的信用を一から築き上げないといけない

起業して自分の会社を新たに立ち上げるのであれば、当然ですが自分のやりたことが何でも自由にできます。それは働く時間、場所など日々の小さなことから、会社として何をするのかの決定権は全てあなたにあります。また、定年退職がないので、あなたがそれを望むのであれば、いつまででも働くことができます。

起業のメリット・デメリット

しかし、自分で自由に何でもできるということは、全ての責任が自分にあるということです。何か失敗したら自分で全て対処して責任をとらなければなりませんし、会社にいた時のような肩書き・信用はないので、他の企業との信頼関係も一から築き上げなければなりません。成功する保証ももちろんないので、収入が不安定になることが十分に見込まれます。それなりの覚悟がなければ、起業はハードルがかなり高いでしょう。

脱サラするならフランチャイズの方がリスクが少ない

フランチャイズと起業、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましたが、これを踏まえて私がおすすめするのはフランチャイズです。 私自身、脱サラして何をしようかと考えた時、資金面で不安があったこともそうですが、経営スキルがまだまだ身についていない不安がありました。とはいえ、経営そのものには興味があったので、少ない資金で、本部のサポートを受けながら経営ができるというのはとても魅力的でした。はじめは苦戦を強いられることも多々ありましたが、自分の努力が少しずつ売上という形で結びついてきた時には自信がつきました。

脱サラするならフランチャイズの方がリスクが少ない

どうしても起業して自分の会社を持ちたい!という人も中にはいるかもしれません。しかし、世の中には多くの企業が存在していますが、そのうち10年以内に倒産する企業は93%といわれいます。それだけ会社の存続とは難しいもので、起業するのは本当にリスクが伴うのです。

フランチャイズ経営でもあなたが経営者になれることにかわりはありませんし、多店舗経営ができれば高収入も夢ではありません。ブランド力を生かして効率よく集客しながら、経営ノウハウを身につけられるのは恵まれた環境ではないでしょうか?

各部門人気ショップ