脱サラして成功する人と失敗する人とは

脱サラして成功する人と失敗する人とは

脱サラして成功する人と失敗する人についてまとめています。脱サラして独立するのは勇気がいりますし、リスクが伴います。その中でどのような人が脱サラしてからも成功をおさめるのか、失敗する人はどのような人なのかについてご紹介します。
当然ですが、全ての人が当てはまるという訳ではないので、参考程度にしてみてくださいね。

脱サラして成功する人の特徴

ここでは脱サラして成功する人の特徴についてまとめています。
成功する人の特徴で目立つのは、目的意識がはっきりしていて、なおかつ計画的に物事の準備を進められるマメさです。企業という後ろ盾がないからこそ、自分でどうにかしなければならないので、このような計画性が重要となります。

コツコツと準備ができる人

脱サラをするということは、当然ですが収入がありません。その後の収入の保証もどこにもありません。経営が軌道に乗って収入が安定するまでの間は収入がゼロでも生活していけるだけの蓄えは必要です

コツコツと準備ができる人

これらの資金面を含めて計画的に貯蓄をしておくこと、そして次のステップに向けて下調べなどをして準備をしておくことも重要です。中には突発的に会社を辞めて、自分でどうにかしなければならない環境に無理矢理する方もいますが、それは正しい判断とはいえないでしょう。先を見据えて計画的に物事を進められる人は成功しやすいといえるでしょう

過去を振り替えずに前を向ける人

サラリーマン時代にどんなにいい業績を上げていようが、評価されていようが、どんなに優秀だっとしても、それは過去の栄光です。それはあくまでも、その会社内に所属していた時の評価にすぎないのです。 脱サラすると所属先がなくなるので、過去の業績は参考程度にしかならず、どんなにあなたが優秀な人材であったとしても、独立するにしても社会的な信用はないに等しい状態です

過去を振り替えずに前を向ける人

脱サラして新たな環境に飛び込むのであれば、再出発して一から出直す気持ちで前向きに取り組むことが大切です。成功する方は、過去は過去の栄光として自信として心に秘めつつも、今は今としっかり気持ちを切り替えて前向きに取り組める人が多いです。

自己管理ができる人

サラリーマンは出社時間や退社時間、休みなど、会社の就業規則で仕事をします。脱サラして独立すると、働く時間や休日はすべて自分で決めて管理することができるので、自由度は増します。全ては自分次第なのです

脱サラして成功している人の多くは、これらの状況の中でも厳しく自己管理ができており、スケジュール管理もしっかりしています。収入を得るために予定を詰め込んで働くことも時には必要ですが、それが続いて体調を崩してしまうようでは意味がありません。予定管理もそうですが、自身の体調や身の回りも含めての自己管理能力は問われます

脱サラして失敗する人の特徴

ここでは脱サラして失敗する人の特徴についてまとめています。 脱サラして自由になる分、ついつい油断や甘えが出てしまう恐れがあります。そのような状態で自分にある意味厳しくなれない人は失敗してしまう可能性が高いでしょう。

自己分析ができない人

この場合の自己分析というのは、自分がどれほどの知識やスキルを持っているのか、どのような仕事が向いているのか、仕事をする上での自身の課題とはなんなのかなど、まずは自分自身のことを分かっていないと独立しても失敗します

自己分析ができない人

また、今後新しい事業を始めていく上で、何か失敗してしまった際に、何を駄目だったのかの原因を調べて見直し、次の成功に繋げていく分析力も必要です。失敗した理由を把握しないままでいると、また同じ失敗を繰り返してしまいます。一度の失敗であれば、チャンスはもらえますが、同じ失敗を繰り返すようでは社会的にも信用を失います

計画性がない人

何度もお伝えしていますが、脱サラにはリスクが伴います。そのリスクを理解した上で脱サラに踏み切っていること、その先自分が何をすべきなのか順序立てて行動できないと失敗するでしょう。

様々なリスクに備えているからこそ、何かイレギュラーが発生した際にも冷静に対処できます。しかし何も考えず行き当たりばったりの行動を繰り返しては、問題が起きた時の対処ができません。「どうにかなるだろう」という甘い気持ちで脱サラをするなら、おすすめはできません

目的などのビジョンが明確ではない人

今の会社への不満、もっと自由に仕事がしたい、他にやりたいことがあるなど、会社を辞めたい理由は人それぞれだと思います。ですが、辞めた後に何がやりたいか具体的に決まっていないのであれば脱サラはおすすめできません

ビジョンが決まっていないということは、その後の計画が白紙ということなので、そこから一発逆転!を狙うのは難しいでしょう。仕事をしていて嫌なことは山ほどあると思います。ただ、覚悟もなく会社を辞めたいというのであれば、それは単なる逃げです。

すぐに落ち込んでしまう人

脱サラして独立するということは、リスクを伴うだけではなく責任も重くなります。何かあった時、あなたを助けてくれる会社の存在はないので、全て自分の責任として解決しなければなりません。

すぐに落ち込んでしまう人

独立して起業する際には誰もが素人からのスタートです。当然ですが、起業当初は失敗だらけでしょう。失敗するたびに落ち込んで、気持ちの切り替えができないようでは厳しいでしょう。責任が伴う以上途中で投げ出すことはできませんし、誠意ある対応をしなければ社会的信用を失う一方です。何かあるたびに落ち込み立ち直りまで時間がかかる人は向いていないでしょう。

各部門人気ショップ